ユニットケア職員向け

介護職のフロアリーダーって何するの?メリットとデメリットも紹介!

介護職を続けているとフロアリーダーの誘いがあったりする。

  • リーダーなんて面倒くさい
  • 仕事だけ押し付けられる

そんな考えは多い。

断れる状況の人は断って良いだろうが、人が居なくて断れない人も居る

まずフロアリーダーの業務について説明する。

フロアリーダーの業務

フロアリーダーの業務は多岐に渡る。

私の例を紹介する。

フロアリーダーの業務

  • 勤務表作成
  • 勤務配置作成
  • 月末集計

主にこの3つだ。

詳しく説明しよう。

勤務表作成

勤務表作成はユニット職員の月毎の勤務表を作成することだ。

私の施設は希望休が前の月の15日締めで、そこから作る。

作成時間は2時間程度

初めは1日平気でかかった。

慣れると早く作成出来るようになった。

この勤務表作成、なかなかに難しい。

希望休が被ると勤務が組めなかったり、出勤する日が決まっていたりする。

例えば、委員会がある日には、担当の人を出勤にする

毎月勤務表作成が終わらないと落ち着かない。

早く慣れるには数をこなすことだ。

何回かやる内に分かってくる。

勤務表作成は職員からダイレクトに反応があるので学びが多い。

勤務の配置表作成

勤務の配置表作成もフロアリーダーの仕事だ。

  • 誰が
  • いつ
  • 何をする

これを決める。

「週間スケジュールを立てる」と考えてもらうと良い。

配置表を作成する際は

  • 同じ人に入浴介助が被らないように
  • 新人が居たら誰がフォローするか
  • 決めた業務が出来るのか

等に注意して作ると良い。

これも自分の作った業務計画に対してのフィードバックがダイレクトに来るので勉強になる。

配置表作成は大切な業務だ。

流れを把握出来るからである。

よく面倒くさいからとの理由で他の職員に振る人が居るが、まずはフロアリーダーが配置表を作ることを勧める。

リーダーが仕事を把握出来てないのに、人の作成した業務が分かるわけないからだ。

配置表は2週間は見越して作成することを勧める。

業務がきちんと回るかが把握出来る。

月末集計

月末集計とはその月に行った委員会や行事の記録をすることだ

  • 誰が
  • いつ
  • 何をやったか

具体的な記録を報告する。

また、利用者のADLも変化がないか記録を取る。

これをすることで介護度の確認が出来る。

私の施設のリーダー業務は、このようになっている。

50代の男性介護職に指摘する方法
介護職で自分より年上の男性への指摘ってどうする?反論されたら?ユニットケア施設で働くと色々な人が居る。 中でも困るのは、「自分よりも年上の人への対処法」だ。 今回は50代の男性をターゲッ...

フロアリーダー業務の「メリット」と「デメリット」

私は現在リーダー業務をしているので

  • メリット
  • デメリット

両方をお伝えする。

介護職の独り立ちの期間ってどのくらい?3回目からは独り立ちする場合も!

フロアリーダーになるメリット

リーダーになるメリットは仕事のマネジメント力が付くことだ

業務は多岐に渡る。

  • 部下のモチベーション管理
  • 仕事の回り具合い
  • 利用者の状態
  • 他部署との折衝

色々なことを把握出来る。

一般職では経験出来ない事を覚えることが出来るのだ

部下のモチベーション管理

介護職はチームでやる仕事。

頼りの部下のモチベーションで仕事の効率化も変わってくる。

一般職では気にすることもないが、フロアリーダーになると気にせざるを得なくなる。

「ぶっちゃけ人のモチベーションなんて知らない。」

そう言いたくもなるのだが、人から信頼されたり、

リーダーを信頼してますから

なんて言われると嬉しくなる。

何より人心掌握術について学ぶことが出来るのが大きなメリットだ

仕事の回り具合いが分かるようになる

リーダーは大きなくくりで仕事をやっていく。

「自分だけが良ければ良い」そんなわけにはいかない。

自分のユニットが

  • どんな状況で
  • 誰が
  • どう動くべきか

頭に入れておく必要がある。

これが出来ると、仕事を一辺倒で見なくてよくなる

大きな視野を手に入れる事が出来るのだ。

他の仕事にも応用が効くのが良い。

利用者の状態が直ぐに分かるようになる

リーダーで仕事をやっていると、利用者の状態が直ぐに分かるようになる

観察力が付くのだ

普段何気ない行動からも色々と気付くことが出来る。

スキルアップが可能となる。

対人折衝能力が身につく

リーダーはフロア職員の他にも

  • 事務所職員
  • 利用者の家族
  • 看護師
  • 他のユニットの役職

関わる人が多い。

ここで身につくのが対人折衝能力だ。

フロアを円滑に回す為には

  • 誰に
  • 何を言うか

この辺りがシビアに求められる。

他部署の人と話すのは大変だ。

しかし、そこから得る学びもまた大きい。

苦労した分だけ成長出来るのがフロアリーダーの魅力だ。

何より自信が付く

フロアリーダーをやると、他の施設にいってもやれる自信が付く

自信を持って介護力を身につけることが出来るのだ。

デメリット

フロアリーダーのデメリットは大変なこと

これに尽きる。

予想外のことを乗り越えないといけない。

個人的には人間関係が絡むときつい

直接話してくれるなら良いが、第三者から話しが伝わるときつい。

第三者
第三者
「いつも仕事押し付けて」って言われてますよ。

これは嫌だった。

今でも嫌である。

リーダーは部下に仕事を降るのが仕事だ。

考えてやっているのに、分かってもらえない。

これは辛い。

逆を言うと、その分部下の気持ちを分かってあげれば協力してくれるのだ。

デメリットをメリットに変えよう

嫌なことはあるけれど、そのままにしていると潰れてしまう。

デメリットをメリットに変えよう

自分を見つめ直すきっかけになる。

  • 自分は何をしていれば楽しいのか
  • 自分に出来ることは何なのか

流されなくなる自分を作ることが出来る。

私は体を動かすのが好きなので、仕事で辛い時があったらランニングして頭を整理するようにしている。

前向きになれるのでオススメだ。

まとめ

フロアリーダーの

  • メリット
  • デメリット

を書いた。

リーダーは大変だ。

しかし、そこから学ぶこをも多い。

辛い時は自分が成長している証拠だ。

せっかくリーダーをするなら、自分を成長させる良い機会だと思って前向きに取り組んでみよう。

介護の仕事はいつでも辞められる

そう思うと気分が楽になる。

今リーダーになろうかとしている方に、エールも込めて書いた。

是非一緒に介護の世界を盛り上げていこうではないか。

介護職はいつでも辞められる。

介護職を辞める一番簡単な方法は仕事を辞めることだ。

でも、1度だけ真剣に考えてほしい。本当に介護職を辞める必要があるかってことを。

いまの施設に満足していないならすぐに転職するべきだ。

  • サービス残業
  • 人間関係に疲れた
  • 休みが取れない

そんな施設で働く必要があるだろうか?

良い施設ってある。
私の施設は有休も普通に取れるし、残業も付く。

ちょっと勇気を出して自分の可能性を試してはどうだろうか?

今は介護職は超売り手市場だよ

私は採用も担当するけど、ほとんどの人が受かっている。

いま行動しないで文句を言ってつづけるか?
少しだけ勇気をだして行動するか?

行動するだけで人生って変わるよ。

登録だけでも良いので転職サービスを使ってほしい。
ぼくも救われた。。

あのとき行動してよかった。

辞め方も参考に載せておくので参考にしてほしい。

介護職の退職理由と辞め方について
介護職の退職理由と辞め方について。嘘を付かず、上司に自分の言葉で話してみよう。 そんなあなたに退職方法と辞め方を説明する。 辞め方については「もう無理だから辞めたいんです」 これで良い。 下...