ユニットケア職員向け

【介護職を辞めたいと思う時】を現役11年目の介護福祉士が語る。

ユニットケアワーカー
ユニットケアワーカー
介護職辞めたい

介護職なら誰しもが思うことだ。

介護職は他の仕事に比べても特殊。

  • 「一生高齢者の世話をするのか?」
  • 「まだ若いし他の仕事をしてみたい」

そう思うのは普通のこと。

ただし生活をしていかなくてはならない。

今後の可能性にかけるのも人生だが、それなりにリスクもある。

現役11年目の介護福祉士が真剣に考えてみた。

介護職は誰だって辞めたい

「介護職なんて辞めたいよ」

周りの職員からはよく聞く言葉だ。

私だって常にそう思う。

では、なぜ辞めないのか?

ぬるま湯を知ってしまったからだ。

経験11年目にもなるとベテランだ。

仕事はつまらないが色々な人と出会う。

その出会いの中で生まれる会話は嫌いではない。

「めんどくさいな」そう思いながら仕事に行くが、帰る頃には「あー、今日も働いたな」って達成感がある。

この「社会人としての責任は果たしたかな」って気持ちがあるから、介護職を続けているのだろう。

介護職にこだわる理由は特にない。

そもそもこだわりを持って介護職を選んでもいないからだ。

案外周りにそんな人は多い。

やっていく中で「あんたに会えて良かったよ」とかお年寄りに言われて。まんざらでもなくなり続けているのかな、っていうのが答えだ。

介護職は、めんどくさいけど、たまに良いこともある。

そんな仕事かな、って私は思う。

介護職辞めてどうするの?

私は聞きたい。「介護職辞めてどうするの?」と。

若い人は言うだろう。

「好きなことします」と。

「好きなことって、そもそも何?」再び聞いてみる。

「カフェとか良いっすねー」こう答えた。

私が思うに、それは「お客さんとして行くことが好き」なのであって、「カフェで働くのが好き」になるとは違う。

若者はその辺考えていない。

適当に好きそうなこと見つけて働くと良い程度の認識しかない。

そんな生活もありなのだろう。

しかし、仕事は生活の他にも必要だってことを忘れてはいけない。

好きな事は、余暇時間にすれば良いのだ。

辞めた先に青い鳥は飛んでいるのだろうか?

出戻りの職員の話しをしよう。

出戻ってきた職員

「こんな職場辞めてやる!」

ある職員が居た。他の病院の看護助手へ行った職員だ。

「向こうの方が給料が良い!」そう言って行ったは良いが、直ぐに戻ってきた。

「業務に耐えきれませんでした」

情けない話しである。

介護職は引く手あまたで色々な求人がある。

色々手を出すのは良いが、まずは基礎を身につけることが必要だ。

どこに行ってもやれるかな?

そんな自信を、ある程度働いて見につけたら良い。

実力もないのに異動してもまた同じ状況になる。

自分の市場価値を高めた方が良いのだ。

転職した勤務先で嫌になったら

転職した勤務先で嫌になる。

こんなこともザラ。

その度に転職を繰り返しても良いが、まずは今の職場をどうにか変えることが出来ないか考えてみよう。

その際にオススメなのは心理学の本を読むことだ。

心理学の本を読むことで、人の行動が読めてくる。

人間の行動を把握出来る様になれば、人間関係もうまくいく。

介護職の辞める原因をご存知だろうか?

介護職の辞める原因の1位は「人間関係」これだ。

人間関係が良くなれば、大抵のことは我慢出来る。

まずは、足元を固めることから始めよう。

人間の行動について詳しく書いた本を読み漁ってみよう。

影響力の武器」という心理学の本がある。

わかりやすく行動心理学について書いてある。

「人の行動って必然かもしれない」そう思える名著だ。

一度読んではどうだろうか?

自分で良い職場を創る

介護職を辞めたい人に1度聞いてもらいたい。

「何か今の職場で努力してますか?」

高齢者に対すること以外でも良い。

毎日介護の本を読んだり、職場の他になることをしたり。

自分の職場の人間関係を円滑に出来る能力を身につけよう。

そうすれば「辞めたい、けど今の人は好きだからもう少し頑張ろうかな」

そんな気持ちになる。

安易に辞めてしまっては、自分が「良い」と思っていた物もなくなる。

仕事を辞めることは特効薬ではないのだ。

人間関係が最悪なら辞めた方が良い。

ただ、「なんで最悪になったのか?」ここを反省しておかないと、次に同じ経験をしたら、もっと分からなくなる。

人は変えられないが自分は変えられる。

まずは、自分を変えてみよう。

まとめ

介護職を辞めたいと思う時について現役介護福祉士が考えてみた。

介護職を辞めることはいつだって出来る。

辞めても同じ状況に出会った時にどう対処するかを考えておく。

仕事を続けていくためには「楽しくなる人間関係作り」これは必須。

人心掌握術を身につけよう。

「仕事がつまらないな」って思う人は仕事は仕事と割り切って副業をするのも良し。

ただし、何をやっても無理な時もある。

そんな時は直ぐに辞めて良い。

いつでも辞められるように転職サイトに1つ登録しておこう。

介護職はいつでも辞められる。

介護職を辞める一番簡単な方法は仕事を辞めることだ。

でも、1度だけ真剣に考えてほしい。本当に介護職を辞める必要があるかってことを。

いまの施設に満足していないならすぐに転職するべきだ。

  • サービス残業
  • 人間関係に疲れた
  • 休みが取れない

そんな施設で働く必要があるだろうか?

良い施設ってある。
私の施設は有休も普通に取れるし、残業も付く。

ちょっと勇気を出して自分の可能性を試してはどうだろうか?

今は介護職は超売り手市場だよ

私は採用も担当するけど、ほとんどの人が受かっている。

いま行動しないで文句を言ってつづけるか?
少しだけ勇気をだして行動するか?

行動するだけで人生って変わるよ。

登録だけでも良いので転職サービスを使ってほしい。
ぼくも救われた。。

あのとき行動してよかった。

辞め方も参考に載せておくので参考にしてほしい。

介護職の退職理由と辞め方について
介護職の退職理由と辞め方について。嘘を付かず、上司に自分の言葉で話してみよう。 そんなあなたに退職方法と辞め方を説明する。 辞め方については「もう無理だから辞めたいんです」 これで良い。 下...