ユニットケア職員向け

50歳から介護職ってどうなの? 底辺?そんなことないよ。

酸いも甘いも噛み分けた大人が介護職を選ぶ。
世の中には50代で未経験から介護職を選ぶ人が居る。

採用する側からしてそのような人はどうなのか?
本音を語っていく。

50代で介護職ってどうなの?

ありと思う。
別に50代だからといってどうこうではない。
肝心なのは適応力。

難しく考えなくても普通にやってれば大丈夫。
この普通が難しいのだ。

プライドが高い人は厳しいかもしれない。
プライドは何度もへし折られるからだ。

まさに今の若い人はあまり年齢なんて関係ない。
仕事を仕事としてやってくれればそれで良いと考える。

50代の方が良いと言えることもある。

経験豊富な50代が良い理由

50歳ともなれば経験は豊富なはず。
どこかの管理職の1つや2つはやったことがある人も居るかもしれない。

そんな人は人生経験が豊富だ。
高齢者で色々な経験を積んでいる人はそんな50代の人の方が話しが合う時がある。

それに50代の人は物事に対しての価値観が多様な人が多い。
私が採用した50代の人はほんとうによく動く。

今まで清掃の仕事をしていたとのことで動きも良い。
経験は何にも変え難い財産であると言える。

動きがはやいし理解も良い人が多いのだ。

まああくまで多いという表現を使っておく。
正反対の人も居たからだ。

使えない50代の例

まず安心してほしい。
このサイトを見ている時点であなたは使える側の人だ。

使えない人とはこのような情報も手に入れようとしない(出来るか出来ないかは置いておいて)
人の事だ。

そんな人が昔私の職場に居た。
前職は何かの仕事の管理職だったらしい。

だが介護の現場では全く動けていない。
過去の栄光にすがって要領だけ動こうとする姿は非常に滑稽に見えた。

自分の権利だけを主張する大人だった。
なかなかこんなタイプは厳しい。

言っても頭に入らないのだ。
何回言っても同じ。

挙句の果てには「腰を痛めた」と業務に穴を開けるハメに。

安易な選択で介護員を選んだ末路かのごとく消えていった。
これは悲しい話しなどではなに。

事実だ。
だが残酷な事実かと言うと違う。

後者の人は「楽をしてもうけようとした」のである。
そんなに甘い話しはこのご時世にはない。

もっと出来ることはあったはずだ。
頑張るための秘訣を書いておく。

誰かの役に立つことを喜びと思えるか

これが大きい。
自分の楽の為にやっても介護の仕事(何にでも通じるものはあるかと思うが)
は出来ない。

高齢者ファーストだからだ。
相手が何をすれば「快」になるかをしっかりと考えて動く。

これに価値があるのだ。
あなたの行動で付加価値を与えるのが高齢者サービス業の基本。

時間消化の為の業務をされても誰も幸せにならない。
結局は仕事が出来なくて苦労するのはいつだって「手を抜いた人」なのである。

見ている人は見ている。
高齢者もよく見ている。

彼らにとって私たちは不可欠な存在だからだ。

私達が頑張る理由を彼ら(高齢者)から導き出すのが仕事と言える。

50代からでも介護職になれる人とは

謙虚な姿勢を持っている人だ。
自分のミスを認めることが出来る人。

若い人の意見に素直に耳を傾けることが出来る人。
これがあれば十分にやっていける。

何も必要以上に不安に思う必要はない。
経験が豊富な介護職はしっかりあなたの行動を見ている。

良いことは倍になって返したいと思う職員だっている。
しかし、しっかりとあなたのことは見ている。

私達は嬉しいのだ。
新しい人達が介護の世界に入ってきてくれて。

50代から介護職 まとめ

とにもかくにも応募することから初めてほしい。

マイケル・ジョーダンも言っていた。「挑戦せずに諦めることは出来ない」と。

あなたの行動が目の前の高齢者の支えになる。
「あんたに会えてよかった」

そんな風に言われる体験をしてみたくはないだろうか?

是非可能性を作ってほしい。
こちらから。

応募してみる。

介護職はいつでも辞められる。

介護職を辞める一番簡単な方法は仕事を辞めることだ。

でも、1度だけ真剣に考えてほしい。本当に介護職を辞める必要があるかってことを。

いまの施設に満足していないならすぐに転職するべきだ。

  • サービス残業
  • 人間関係に疲れた
  • 休みが取れない

そんな施設で働く必要があるだろうか?

良い施設ってある。
私の施設は有休も普通に取れるし、残業も付く。

ちょっと勇気を出して自分の可能性を試してはどうだろうか?

今は介護職は超売り手市場だよ

私は採用も担当するけど、ほとんどの人が受かっている。

いま行動しないで文句を言ってつづけるか?
少しだけ勇気をだして行動するか?

行動するだけで人生って変わるよ。

登録だけでも良いので転職サービスを使ってほしい。
ぼくも救われた。。

あのとき行動してよかった。

辞め方も参考に載せておくので参考にしてほしい。

介護職の退職理由と辞め方について
介護職の退職理由と辞め方について。嘘を付かず、上司に自分の言葉で話してみよう。 そんなあなたに退職方法と辞め方を説明する。 辞め方については「もう無理だから辞めたいんです」 これで良い。 下...