入浴について

ユニットケアでの入浴回数って決まってる?週に何回お風呂に入るの?

ユニットケアでの入浴についての記事。
ユニットケアでの入浴の回数は国によって決められている。

週に2回だ
これは守らなければならない。

守らないと監査の時に指摘事項になる。
また、介護給付が減らされることになる。

せっかく介護をしているのにお金を減らされてはたまったものではない。
ちなみに11年介護施設で働いているんのだが、「熱が出た」などの特別な理由がない限り、週に2回入浴しない利用者を見たことがない。

どうやって週2回の入浴を達成しているのか記録していく。

週2回の入浴

介護施設は週に2回の入浴が義務つけられている。
これはどうやって実現するのだろうか?

入浴日を割り振る

一人の利用者への入浴日を決めているのだ。
例えばAさんがいる。

この人は「月・木曜日」に入浴することになっている。
次にBさん。

この人は「火・金曜日」に入浴することになっている。

あらかじめ1週間のうちに「いつ」入浴するか決めておくのだ。
これによりスムーズに入浴をすることが出来る。

ここで気をつけていることがある。
それは「入浴日を1週間に万遍なく割り振る」ことだ。

万遍なく入浴日を割り振る

1週間の中で連続で入浴日にならない配慮をしている。
週に2回入れれば良いからといって、月・火だけ入って後は入らない、なんてことがないようにする。

  • 中3日
  • 中2日

に分けるのが理想的なのだ。

このグループを作って入浴をやっていけば大抵うまくいく。
ここで気をつける日がある。

それは特浴(機会浴)の日だ
なぜか?

入浴担当に2人人が取られるからだ。

特浴は職員2人で対応する

特浴に人を投入しなければならないのだ。
特浴が分からない人へ説明しておくと、特浴とは「個浴(普通のお風呂)に入れない人が入るお風呂のこと」

高齢者は座ることが困難な人もおり、そんな方はストレッチャー(担架のようなもの)に横になり入浴するのだ。

これは

  • 洗身台
  • ストレッチャー
  • 特浴

と3つの場所を移動することになる。
高齢者をストレッチャーから洗身台にうつす時には最低限2人いないと作業が出来ないのだ。

「移動させる時だけ人が居れば良いんじゃないですか?」
と言われそうだが、そういうわけにもいかない。

特浴は移動だけで仕事が終わらないからだ。

  • 洗身台でからだをあらう際も横に向けた際に支える人がいる
  • 特浴室に入っている間に側についておく
  • 機会を使う人と浴室で見守る人が必要

こんな理由から人出が最低2人要るのだ。

入浴は危険を伴う。
しっかりと人員を当てないといけない。

ただ、だからこそシフトを組む時が困る。

特浴の日は、特浴が出来る体制を組む

特浴の日は特浴が出来る体制を組む必要がある。
必ずシフトの人数に必要数を組み込んでおくのだ。

これによりスムーズに作業が出来る。
特浴に十分に人を割り振れたら良いのだが、職員数が足りなくなると難しいのが現状である。

特に重度の人が多くなってくると必然的にお風呂の作業に人を投下しなければならない。
これを踏まえて入浴はやる必要がある。

次に入浴拒否があった場合について考えていこう

入浴拒否があったらどうするの?

入浴は皆が好きとは限らない。
中には「今日は風呂に入らん!」と言って入浴しない人もいる。

そんなときは入浴日をずらす
無理には入浴しない、これがモットーだ。

入浴してもらう工夫は必要なので忘れてはいけない。
入浴日をずらす際も上記に書いたように「日にち」が連続にならないよう気をつける。

時々シフトの都合上で「中1日(例えば1週間のうちに月・水曜日が入浴日)になることがある。
あまり好ましくはないのだが、どうしても入浴日に入浴しないのであれば代替えすることもある。

基本的には入浴日に入ってもらうのが原則であり、そうなるように工夫もしている。

まとめ

ユニットケアの入浴についてまとめた。

  • ユニットケアの入浴は週に2回
  • お風呂の日は中2日・中3日に分けるとやりやすい
  • 特浴には2人職員が必要
  • 入浴拒否があれば別日も検討

こういった点が大切なことと言える。

入浴は危険度が高い業務と言える。
ただし、生活では必須。

高齢者がリラックス出来る場所でもある。
当たり前のことだが大切なことなのである。

介護職はいつでも辞められる。

介護職を辞める一番簡単な方法は仕事を辞めることだ。

でも、1度だけ真剣に考えてほしい。本当に介護職を辞める必要があるかってことを。

いまの施設に満足していないならすぐに転職するべきだ。

  • サービス残業
  • 人間関係に疲れた
  • 休みが取れない

そんな施設で働く必要があるだろうか?

良い施設ってある。
私の施設は有休も普通に取れるし、残業も付く。

ちょっと勇気を出して自分の可能性を試してはどうだろうか?

今は介護職は超売り手市場だよ

私は採用も担当するけど、ほとんどの人が受かっている。

いま行動しないで文句を言ってつづけるか?
少しだけ勇気をだして行動するか?

行動するだけで人生って変わるよ。

登録だけでも良いので転職サービスを使ってほしい。
ぼくも救われた。。

あのとき行動してよかった。

辞め方も参考に載せておくので参考にしてほしい。

介護職の退職理由と辞め方について
介護職の退職理由と辞め方について。嘘を付かず、上司に自分の言葉で話してみよう。 そんなあなたに退職方法と辞め方を説明する。 辞め方については「もう無理だから辞めたいんです」 これで良い。 下...